クリーニング フジドライ高品質クリーニング

洗濯研究所

栃木県宇都宮市のクリーニング店
染み抜き、補修もお任せください

洗濯研究所オンラインショップ

フジドライが開発したプロ仕様の洗剤を販売中

トピックス

乾燥機の注意点

冬の時期や梅雨の時期は洗濯物がなかなか乾かなくて、乾燥機の出番も増えます。過去に乾燥機で失敗したことはありませんか?

失敗の原因で一番多いのは縮むことです。乾燥機にかけた衣類が縮む理由には大きく分けて2つあります。
① 衣類に使われている繊維が縮む
② 布の網目構造がつまる

通常、洗濯機で洗濯をして乾燥までかける場合、次のような手順を取ります。洗剤での水洗い→すすぎ→脱水→乾燥→冷却おそらくこういった行程で洗濯から乾燥まで行っていると思います。

この行程でもっとも繊維が縮むのは『脱水』です。その次が乾燥終了時の『冷却』です。乾燥機にかけたからといって、乾かしている最中にどんどん縮んでいくのかと思いきや、そうではないのです。

また、素材によっては水分を吸収しやすいものもあります。そういった素材は、水をよく吸う反面で水を吸うことで繊維が膨張し、糸の直径が太くなります。そうしたことで湾曲が大きくなるのですが、乾いたときに糸の太さは戻りますが湾曲は残ったままになるので、全体の長さが縮みます。

では、乾燥機を使用した際に衣類が縮むのを防ぐためにはどうしたらいいのか・・・、乾燥機で衣類が縮むのを防ぐ方法、脱水時間は30秒くらいならあまり生地に負担はかかりません。

乾燥機を使用する前には衣類の取り扱い絵表示・材質表示を確認してください。ドライマーク付きのものは「ドライコース」またはクリーニング店へ天日干しまたは吊り干しとの併用をする。

乾燥後の冷却して完璧に乾く過程で縮むのですから、重要なのは最後まで乾燥機に任せっきりにしないということです。単純に、乾燥が終了しアラームがなったらすぐに取り出して熱を逃がしてあげるのも効果的ですが、もう一手間かけてあげるとなお良いです。

その一手間というのは電気乾燥機なら30分~40分・ガス乾燥機なら20分で乾燥を終了させます。ようするに生乾きの状態で乾燥を止めます。

その後は天日もしくは室内で吊り干しをしてあげましょう。単純に縮ませないという効果もありますが、乾燥機を併用することで、洗濯物が乾く速度は通常よりも早くなりますし、乾燥機をマックスで使うよりも電気代もかからずに済みます。

乾燥機で半渇き状態で取り出すと『収縮しにくい&シワもある程度取れる』のです。
クリーニング屋さんがよく使う裏技でもあります。

そして、これも忘れてはならないのが「脱水は弱めにかける」ということです。乾燥機をにかける前の洗濯の段階で、脱水を弱めにかけてあげることで、あらかじめ衣類の縮みを抑えることができます。

乾燥機での失敗例としては、カーテンが変形してしまった、タオルが四角に仕上がらない、丈が縮むなどが有ります。乾燥機を使用してはいけないものとは?

ここからは、乾燥機をかけてはいけないものについてまとめてみました。合わせて、普通に洗濯できないものも載せておきましたので、洗濯と乾燥を行う際にはこれらのものが混ざっていないかどうかも確認しておきましょう。

ニット製品全般、本革・合皮・毛皮*一部でも使用されている物、絹、獣毛製品全般、 ナイロンな、*アイロン温度が「低」指定されている物、中綿にウレタンが使用されている物.、綿や麻*乾燥機NGではないが縮みやすい羽毛製品*必ず低温モードを使用する

もし乾燥機で衣類を縮ませてしまった場合の対処法もご紹介しておきたいと思います。乾燥機で衣類が縮んだら元に戻せる?
1、ぬるま湯にコンディショナー(ジメチコン成分入り)をたっぷり入れる
2、衣服を入れ30分ほど放置
3、すすいだ後に元の大きさ(戻したい大きさ)に伸ばす
4、自然乾燥させる、

これで元に戻すことができるそうです。ジメチコンという成分は油に溶けないため、コーティング作用があるそうです。髪と同様に衣類もこの作用で保護してくれるのだそうですよ。

ただし、気をつけなければならないのは「洗濯機も乾燥機OK」の素材、生地のものであることです。レーヨンのように水につけるだけでアウト!なものは、この方法が適しているとは思えません。
そもそも、レーヨンの場合は1~2分の間に洗濯とすすぎをするくらいのスピード洗濯でないと、水につけた段階で縮んでしまいますからね。30分の放置は如何なものかと思います。

この方法は、あくまで対処法ですので、できる限り縮まないように先手を打っておきましょう。縮まないように一手間かけるか、縮んでしまってから一手間かけるかの差ですが、縮んで戻らないものもありますので、できる限りは先手を打っておきたいものですね。

トピックス

靴下と下着の洗い方

ドロ汚れなど汚れのひどい靴下はつけ置き洗いが効果的です。つけ置きの前に前処理として、液体洗剤を汚れのひどい部分に直接つけて、ぬるま湯を使い、爪を洗うブラシである程度のドロ汚れを落としてください。

白い靴下なら一晩、色物は2時間ほどつけ置き洗いがいいでしょう。洗面器にぬるま湯をいれて洗剤を多めに溶いてつけ置きしましょう。その後に、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗ってください。

豆知識として知っておいてほしいのは、つけ置き洗いの時に液体洗剤を濃度を高めに入れ水温が高いと汚れ落ちがよくなることを覚えておいてください。洗剤は酵素の入っているものを選んだほうがいいと思います。

ただし、デリケートな生地や色物の場合は温度は上げないでください。色落ちや、型崩れの原因となってしまいます。

次に下着の洗い方です。特に女性の下着はレース使いや装飾がついていたりとデリケートな商品があります。ランジェリー類は必ず専用のネットに入れて洗ってください。特にブラジャーはストラップがからまったりホックが他の衣類に引っかかるため、型崩れを防ぐためにも専用ネットに入れて洗ってください。

下着の場合は洗い方もそうですが、干し方にも気を配ってください。下着類はゴムを使用している商品が多くあります。干し方によってゴムの寿命が変わってきます。一番はできるだけゴム部分に負担のかからないように干すことです。

そしてゴム部分が先に乾くように工夫してみてください。そうすることで、ゴムの劣化を抑えられます。            

トピックス

ジーンズとセーターの洗い方

ジーンズは洗わないほうがいいという説もありますが、一般的にジーンズは綿素材で吸水性に優れているため皮脂や汚れが付着しやすいのです。

汚れは生地を傷める原因となるため、定期的に洗ったほうが長持ちします。これは一般的な衣類にも言えることです。洗うときの注意点ですが、ボタンやホック、ファスナーは全て閉めてください。

他の衣類に引っ掛けないために必要な作業です。そして裏返してネットに入れて洗ってください。ジーンズは厚地で乾きにくいため脱水時間も2分くらい長めに してください。干すときは裏返しのまま干すことで色ヤケを防げます。また、筒状に干すと早く乾きます。

色落ちが気になる方は目立たない部分に洗剤をつけて5分後に白いタオルをあててください。色が移るようなら単品で洗ってください。最近はダメージ加工のジーンズや一度生地を洗ってから商品にすることが多いので昔ほどは色落ちしませんし、縮みもおきにくいです。

色落ちが気になるようでしたら、漂白剤入りや蛍光増白剤入りは避けたほうがいいでしょう。

セーターの洗い方は、必ず、水洗い(手洗いまたは、洗濯機洗い)が可能なものにしてください。洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤をご利用ください。

洗濯機で洗う場合は必ずネットに入れて、弱水流で洗ってください。ネットに入れる場合は2つ折にしてぴったりサイズのネットに入れてください。汚れがひどい場合は表側にしてネットに入れる。(ネットが大きいと中で動いてシワになりやすい)手洗いの場合は、ぬるま湯で沈める・浮かすを繰り返す。

脱水は30秒くらいで、干し方は、平干し用ネットを使用する。竿の場合は2つ折で干し袖を竿にかける。

トピックス

日常生活では衣類を着用している時の注意点

衣類の着用中や日常生活での注意点について説明します。 パーマ液の還元剤や酸化剤は染料に強い影響を与えます。パーマ液は10%以下の薄い水溶液のため衣類に付着してもすぐには変色しません。万が一付着した場合は、水ですすいでください。ドライクリーニングでは液は落ちません。

化粧品は化学薬品です。化粧品は簡単に落ちないように作られています。長時間衣類についたまま放置しておくと変色の原因となります。特にファンデーションは目立たない場合でも、注意が必要です。

香水の成分はアルコールがほとんどです。直接衣類につけると輪ジミや穴が開く場合があるのでご注意ください。

シートベルトは衣類を磨耗させます。擦れやすい素材は絹・ウール・レーヨン・麻・スェード・毛皮などです。ショルダーバックは擦れと併せて色移りも注意してください。

防水スプレーは、油性揮発剤が入っているタイプの場合、プリント部分にスプレーするとプリントが溶ける場合があります。クリーニングをした後、プリント柄が剥がれたという事例がありました。

除光液などのアセテート製品は特に注意が必要です。除光液が付くと穴が開いたり硬化して固まったりします。また同様に、酢酸を含む酢やマヨネーズ、ドレッシングもご注意ください。

消毒液、バッテリー液、カビ取り、パイプ洗浄剤、トイレ洗剤、除湿剤なども衣類になるべく付着しないことが重要です。

水鳥の羽を使用するのですが、1つはフェザー。これは羽の軸があるタイプのもの。そしてダウン。これはタンポポの綿毛のように芯が無いもの。最後にスモールフェザー。やわらかい羽の軸がありフェザーより小さいもの。というように3種類に分かれます。

布団の場合、ダウンが50%以上のものを羽毛布団。フェザーが50%以上のものを羽根布団といいます。ダウンの比率が高いほど温かく、柔らかみがあります。

また、水鳥の種類の中でもグースダウンは良質な羽根で、ダックダウンは安価に入手できます。ではなぜダウンは温かいのでしょうか?ダウンの羽根と羽根の隙間に空気の層ができ、保温性が高まり温かくなるのです。

ダウンジャンパーや羽毛布団は使用していくと、中の羽根が汚れ、段々羽根と羽根がくっついて空気の層がなくなり、かさが少なくなったように見えてきます。そうすると保温性が失われ温かくなくなってきます。シーズンが終わったら必ずクリーニングすることをお薦めします。

クリーニングすることで羽根の汚れが取れて、ふかふかになり保温性が復元いたします。

家庭で洗う場合は?
近年、ダウン製品も安く購入することができ、家庭で洗えるものも増えてきています。失敗しないための注意点を、お伝えしたいと思います。まず、当たり前ですが、水洗い可能な商品のみご家庭で洗ってください。

そして洗濯機では回さず、洗濯機に水を張り液体洗剤をいれ、押し洗いしてください。脱水する前に製品内に残っている水を手で絞り出してから、脱水してください。脱水時間は30秒以内で脱水してください。水分が多いまま脱水したり、長時間脱水したりすると洗濯機が暴れて倒れるケースもあるのでご注意ください。

乾燥は、平干しがおすすめです。ハンガーで干すとダウンが偏ってしまう場合があります。そして乾燥したら、最後にハンガーにつるし、両手でパンパンとジャンパー本体をたたき、羽毛をふっくらさせてください。この作業をしないと羽根がくっついたままで温かくなりません。もし不安でしたらクリーニング店におまかせください。              

トピックス

ダウン製品の洗濯方法

今は冬のマストアイテムとなっているダウン製品。今回はダウンについて勉強していきましょう。ダウン製品と言っても中身の羽は大きく3種類にわかれます。

水鳥の羽を使用するのですが、1つはフェザー。これは羽の軸があるタイプのもの。そしてダウン。これはタンポポの綿毛のように芯が無いもの。最後にスモールフェザー。やわらかい羽の軸がありフェザーより小さいもの。というように3種類に分かれます。布団の場合、ダウンが50%以上のものを羽毛布団。フェザーが50%以上のものを羽根布団といいます。

ダウンの比率が高いほど温かく、柔らかみがあります。また、水鳥の種類の中でもグースダウンは良質な羽根で、ダックダウンは安価に入手できます。

ではなぜダウンは温かいのでしょうか?ダウンの羽根と羽根の隙間に空気の層ができ、保温性が高まり温かくなるのです。

ダウンジャンパーや羽毛布団は使用していくと、中の羽根が汚れ、段々羽根と羽根がくっついて空気の層がなくなり、かさが少なくなったように見えてきます。そうすると保温性が失われ温かくなくなってきます。

ですので、シーズンが終わったら必ずクリーニングすることをお薦めします。クリーニングすることで羽根の汚れが取れて、ふかふかになり保温性が復元いたします。

家庭で洗う場合は?近年、ダウン製品も安く購入することができ、家庭で洗えるものも増えてきています。失敗しないための注意点を、お伝えしたいと思います。

まず、当たり前ですが、水洗い可能な商品のみご家庭で洗ってください。そして洗濯機では回さず、洗濯機に水を張り液体洗剤をいれ、押し洗いしてください。

脱水する前に製品内に残っている水を手で絞り出してから、脱水してください。脱水時間は30秒以内で脱水してください。水分が多いまま脱水したり、長時間脱水したりすると洗濯機が暴れて倒れるケースもあるのでご注意ください。

乾燥は、平干しがおすすめです。ハンガーで干すとダウンが偏ってしまう場合があります。そして乾燥したら、最後にハンガーにつるし、両手でパンパンとジャンパー本体をたたき、羽毛をふっくらさせてください。この作業をしないと羽根がくっついたままで温かくなりません。

もし不安でしたらクリーニング店におまかせください。

トピックス

衣類の黄ばみについて

季節の変わり目に収納していた衣類を取り出すと黄ばんでいた経験はありませんか?

なぜ衣類は黄ばむのでしょうか?理由はいたって簡単です。原因は【汚れを落としきれていない】ことなんです。汚れを落としきれていないと、空気中の酸素と汚れが化学反応を起こして、酸化し黄ばみになります。

例えば、買ってきたばかりのバターを封を空け、空気中に放置しておくと段々、黄色みがかってきます。りんごなども切った後は変色してくると思います。

このような現象が、衣類の汚れ残り部分にも起こってしまいます。洗濯してからしまったのにどうしてと思われると思いますが・・・・

家庭用の洗剤だけですと【汚れ】は完全に落としきれていないケースが多いのです。理想は脂分を落とすドライクリーニングと、水溶性の汚れを落とす水洗いのW洗いがベストなのですが・・・

家庭洗濯では難しいといえるでしょう。しかし、黄ばみを防ぐには衣類に残留している食べこぼしや汚れをきれいにすることなのです。

汚れとシミは別物です。汚れは洗浄で落ちることがありますが、シミは繊維に結合し通常のクリーニングでは落としきれません。シミは時間の経過とともに繊維を悪化させます。

ご家庭でできる簡易染み抜きなどありますが、あまりお薦めしません。シミが落ちても繊維を痛めてしまったり、シミが拡がったり、シミを落ちにくくしたりと、失敗が多く相談に来られることが多々あります。

応急処置でシミをおしぼりで処理される方がいらっしゃいますが、おしぼりには塩素系漂白剤が含まれているため衣類の染料が落ちる可能性があります。その際にはティッシュを濡らしてシミを吸い取るようにしてください。

こすると生地を傷つけてしまうので、避けてください。またシミが残ったままアイロンなどの熱をかけると落ちにくくなってしまいます。特に血液は凝固してしまいますし、ガムなどは繊維の奥に入ってしまいます。

シミや黄ばみは一度クリーニング店にご相談ください。

トピックス

洗濯洗剤の選び方

家庭洗濯の中で洗剤選びに迷ったことはありませんか?

洗剤も用途によって選び方は様々です。小さいお子様がいてドロ汚れが多い家庭や、おしゃれ着中心の家庭、脂汚れの作業着の出る家庭とまちまちなのです。

まずは知っておきたい洗剤の成分について、勉強していきましょう。洗剤で必要なのは界面活性剤です。みなさんご存知でしょうか?この界面活性剤がないと汚れは落とせません。

界面活性剤は、水と油を混ぜる作用があります。ふつうコップに入れた水に油をたらすと水面に浮きますが界面活性剤を入れると混ざり合います。この効果を利用して洗剤は作られています。

衣類に付いた汚れを界面活性剤が水中に引っ張り出し元に戻さない効果があります。それにより衣類はきれいになります。この界面活性剤は様々な種類がありこの質や量によって汚れ落ちが変わってきます。

次に知っておきたいのが酵素です。酵素は界面活性剤を補助する役割があります。酵素を配合することによって洗浄力がたかくなります。代表的なのがたんぱく質分解酵素です。エリや袖口には人の皮脂に含まれるたんぱく質が多く付着しています。

これを落とすために働いてくれます。繊維別に酵素の種類は変わってきます。各繊維に対応した酵素があります。次に蛍光増白剤という言葉を覚えておいてください。

蛍光増白剤はどのような成分かというと、紫外線を吸収して目に見える青白い光に変えるため見た目の白さを増す効果があります。汚れを落として白くするのではなく、白く見せていると言った方がいいでしょう。

白いYシャツや肌着やタオルは蛍光剤入り洗剤でもいいのですが、パステルカラーの衣類や、生成り、麻やレーヨンは色が変化する可能性があるので、蛍光剤入りの洗剤は避けてください。 ここで、事故品を紹介します。

このように洗剤の成分をよく理解して洗剤をこうにゅうすることをおすすめします。ちなみに弊社は天然石鹸・天然のりでYシャツを洗いますし、液体洗剤は中性のものを利用しているので 安心してご利用ください。

トピックス

家庭洗濯の基本と干し方の工夫

家庭洗濯の基本は、汚れの種類を把握して汚れに合った洗濯方法をすることが大切です。
水よりはぬるま湯で洗うことをお薦めします。

熱に弱い汚れは、ぬるま湯で洗濯すると汚れがよく落ち、30℃程度のぬるま湯で洗うことで、洗剤の洗浄能力の効果が発揮されます。ただ、お風呂の残り湯は雑菌があるので小さなお子様のいる家庭ではお薦めしません。

頑固な汚れの場合は予備洗いをしたほうがいいでしょう。スポーツ後の泥などの汚れは最初に洗剤で予備洗いや付け置きなどの前処理をすると汚れが浮き出ますので、その後、洗濯機で通常の洗濯を行うのがオススメです。

付け置きの場合、長時間放置はしないでください。色柄ものは色が落ちる場合があります。また、洗剤の量は使用方法どおりに入れてください。汚れが多いからといって多く洗剤を入れると泡が多くなり洗浄力が落ちてしまいます。

共働きなどで日中洗濯物を外に干せない環境の方や、雨の日が多い季節などは、部屋干しをせざるをえません。でも部屋干しというと、どうしても生乾きのニオイや乾きの悪さが気になります。

洗濯物のニオイの原因は、菌の増殖なんです。洗濯時に、抗菌、防臭に優れた洗浄力の高い洗剤を使用することがいいのですが、早く乾かすことも大切です。

柔軟剤は速乾性が期待できるため、菌の増殖を防ぐことができます。また、干す前に洋服やタオルなどを両手で持ってパタパタと力強く全力でシワを伸ばしながらしごいてください。

水分が早く飛び、乾きも5倍くらい早く乾きます。実はこれがすごく効果があります。また、洗濯後すぐに干さないで放置しておくと、雑菌が増殖してしまい、せっかくの洗濯が台無しになります。とにかく洗ったらすぐに干してください。

洗濯物を早く乾かすように、空気に触れる面積を増やすことで、生乾きのニオイも軽減できます。生地の重なった部分は乾きにくいので、シャツなどはボタンをはずして襟を立てて干す。

パンツやスカートは裏返して干すことで、ポケットや裏地、縫い目部分も早く乾かせます。干すときには、外側に長いもの、内側に短いものを干すようにしましょう。内側にアーチができることで、風の通る空間ができ、乾きが早くなります。

また、干す場所が無いという理由で、カーテンレールなどに洗濯物を干していることがありますが、これはオススメできません。カーテンや壁は、目に見えない汚れが多く、それが洗濯物につけばせっかく洗濯しても、またニオイの元を付けてしまうことになります。

風通しが悪い、湿気が多いなどの場合は、サーキュレーターや扇風機、除湿機などの使用もおすすめです。

使用の際は、風に対して洗濯物を平行に干すことがポイント。洗濯物の間を風が流れるので、より素早く乾かすことができ、生乾きのニオイも抑えることができます。

トピックス

衣類に使われているポリウレタン

今回は、ポリウレタンという素材についてお話したいと思います。
ポリウレタンはどのような衣類に使われているのでしょうか?

いまは当たり前のようになってきたストレッチ製品。異素材の生地を張り合わせるための接着樹脂。生地にコーティングをするためのコーティング加工布。革製品に似せて作った合成皮革や人工皮革。

実はクリーニングの事故例として一番多いのがポリウレタン商品なのです。

ポリウレタンという素材は、作るときに結合させた部分が、体の脂や大気中の水分、ガス熱、紫外線などの影響で少しづつ分解されていくという弱点をもっています。

これを【加水分解】といいます。つまりはポリウレタンという素材は着用していなくても時間の経過とともに劣化していくということなのです。

ポリウレタンの寿命は約3年と言われています。

ポリウレタンの劣化事例として、靴下の口部分やかかとやつま先、ストレッチズボンのひざ部分がぬける、生地の表面が剥がれる、生地の表面がひび割れる、表面がベタベタするなどがあります。

トピックス

衣類の虫食いと防虫剤について

今回は、衣類の虫食いと防虫剤についてのお話をしたいと思います。衣類の害虫といえば、ヒメカツオブシムシが代表されます。
幼虫の期間にウールやカシミヤなどのたんぱく質繊維を好んで食べます。

現代は、冬場でも室内は暖房で暖かいため、害虫も年間を通して活動しています。また、このカツオブシムシの幼虫は、衣類が汚れていなくてもウールやカシミヤは標的となります。

大切な衣類を害虫から守るためには、防虫剤が不可欠です。一言に防虫剤と言っても【パラクロルベンゼン】や【ナフタリン】・【樟脳(しょうのう)】そして無臭の【ピレスロイド系】と様々な種類があります。

有臭防虫剤の【パラクロルベンゼン】や【樟脳(しょうのう)】はラメ製品の光沢を消失させることもあります。基本的に無臭タイプは安全ですが、金属ボタンを変色させることが稀にあります。

そして一番注意していただきたいのが、同じクローゼットやタンスの中に、違う種類の防虫剤を複数入れることです。防虫剤はガスを発して害虫を駆除します。ですから違う種類の有臭防虫剤を複数使用すると、ガス同士が化学反応を起こし、衣類を変色させたり、シミを作ったりしてしまいます。

ですので、同じクローゼットやタンスの中では1種類の防虫剤のみご使用ください。また、使用済みの防虫剤もそのまま放置せず、必ず取り除いてから入れ替えをしてください。

また防虫剤は湿気と化学反応を起こし、ラメ、ビーズ、金属に光沢消失などの悪影響を及ぼします。ですので、防虫剤を使用する場合は、除湿剤との併用をおすすめいたします。

ここで、衣類がガスにより影響を受けるケースをご紹介します。防虫剤のガスだけではなく、大気汚染の原因である酸化窒素ガスは、綿、ナイロン、アセテート製品に使われている染料と反応し変色を起こすことがあります。

ハンガーにつるしてあった商品が肩部分だけ変色してしまった等の経験はございませんか?クリーニングのポリ袋は湿気を閉じ込めるだけでなく、汚染ガスを【透過】する性質があります。

それによりガス退色(変色)が進行します。また酸化窒素ガスはガスコンロ、石油ストーブなどの燃焼ガスにも含まれます。

前回も少しお話しましたが、【虫干し】は衣類にとって【カビ】や【害虫】【ガス退色】から守るために有効な手段です。面倒でも1ヶ月に一度は【虫干し】することをおすすめいたします。

衣類の湿気も除去できるとともに、クローゼットの中の湿気も緩和します。

トピックス

« BACK NEXT »