ダウンのアイテムをクリーニングしようとしてこの記事にたどり着いたそこのあなた。
ダウンクリーニングはお店選びが大切です。
フジドライのダウンクリーニング料金や特徴は記事の最後に記載をしておきますね。

では、実際のサンプルを元にどのような処理がダウンに行われているのでしょうか。

************************************************

先日、ミヤラジに訪問した際に申し訳なさそうにパーソナリティーの目加田さんからダウンジャンパーのクリーニングを依頼されました。

拝見させていただいてこんなに汚れているとは!!!
聞いたところ10年近く愛用されていて、山登りや、雪の日に重宝しているのだと・・・・
すごく気に入っている商品なのできれいにしたいとのご要望。

全体的に汚れやシミがありましたが特にこの赤丸で囲った部分は頑固そうな積年の汚れが蓄積されておりました。さらにフードには何やら得体のしれぬ油っぽいシミが・・・

特に汚れがひどかったポケット口は洗う前の前処理で超音波処理をし汚れを分解していきます。そのあと油脂分を取るしみ抜きをしました。

袖口もかなり黒ずみがありました。油脂分を落とすしみ抜きをした後水溶性の汚れ落としをしました。

フードのシミは油系と判断し、油溶性のシミ処理をして一発で落とせました。

洗う前の前処理を完了したのちに洗浄、乾燥を行います。
洗浄は水洗いをし、乾燥はタンブリングすることでふっくら仕上げることができます。
タンブリング乾燥がしっかりできないクリーニング店だと、ダウンの内容物が極端に集中してしまう場所ができたりと保温性が確保できません。
全体的にふっくら乾燥させるにも技術が必要なんです。

 

 

 

 

洗浄・乾燥が終わり、仕上げ前の確認です。
ポケット口、袖、フードが綺麗に仕上がりました。


フード部分の仕上がりです。
かなり綺麗に復元できたと思います。
目加田さんもご満悦!

 

 

 

 

************************************************

ダウンクリーニングは毎年必ずどこかで行ってください。
そもそもデリケートなものなので頻繁にクリーニングする必要はありませんが、
『着る前』と『着た後』はマストといえます。

ダウンは空気を含んで暖かくできる衣類ですから、空気の量が少ないと防寒効果も落ちてしまいます。
『着る前』は保管していた状況によって、しぼんだ状態で押し入れに押し込まれてしまった状態だと本来の効果を発揮しません。
『着た後』は着用により汗や皮脂などがダウンに付着し、ボリュームが無くなってしまうと暖かくなくなってしまいます。翌シーズンまで汚れたダウンのままにしていたらそれこそ、ダウン自体の寿命も縮んでしまいます。

ですから、『着る前』と『着た後』のクリーニングは必ず行い、
シーズン中は襟周りや袖など肌に直接触れる部分は定期的に拭き掃除しましょう。
シーズン中もダウンのボリュームが無くなってきたと感じたり、臭いが気になるようでしたらクリーニングのタイミングになりますのでクリーニングに出しましょう。
ちなみに私は、ノースフェイスのダウンですが『着る前』『着た後』それと、寒さが本格化する1月くらいに1回と、計3回クリーニング出しますよ。

ダウンの中身が出てきてしまったら、引き抜くのではなく、中に戻してください。
外に出してしまうと、もっと中身が出てきてしまう可能性があります。

保管の際もダウンのつぶれには気を付けて。
ダウンの膨らみ(ロフト)がつぶれて中の空気が少なくなることで保温性が落ちるので、ぎちぎちのクローゼットなどで保管するのはおすすめしません。

◆フジドライのダウンクリーニング料金◆

ダウンジャケット 会員料金 1,500円(+税)~
ダウンコート 会員料金 1,800円(+税)~
ダウンベスト 会員料金 1,100円(+税)~

※お品物の仕様によっては価格が前後する可能性があります。
※店舗一覧はこちら
※宅配クリーニングはこちら
※その他クリーニング料金はこちら
※桜通り松原店のみ料金体系が異なります。

フジドライのダウンクリーニングなら創業から114年間”磨き続けてきた高い技術で
どんなお品物でも安心してお預けいただけます。

◆フジドライのしみ抜き料金◆

SSサイズ(直径3cmまで) 500円(+税)~
Sサイズ(直径5cmまで) 1,000円(+税)~
Mサイズ(直径8cmまで) 1,500円(+税)~
Lサイズ(直径11.5cmまで) 2,500円(+税)~

部分しみ抜き ”襟周り” 黄ばみ 2,000円(+税)~
部分しみ抜き ”袖” 黄ばみ(両袖) 2,000円(+税)~
部分しみ抜き ”脇” 黄ばみ(両脇) 3,000円(+税)~

フジドライのしみ抜きは成功率98.6%!長年の経験と知識を有したしみ抜き専門の職人が処理します!
栃木県No1のしみ抜き受注件数を誇るフジドライなら、
高い技術の必要な和服やデリケート衣類のしみ抜きまでお任せいただけます!

ダウン有名ブランド
モンクレール(MONCLER) 、カナダグース(CANADA GOOSE)、ザ・ノースフェイス (THE NORTH FACE)、タトラス(TATRAS)、デュベティカ(DUVETICA) 、パタゴニア(PATAGONIA)、マムート(MAMMUT)、ピーエイチデザイン(PHDESIGN)、マウンテンイクイップメント(MOUNTAIN EQUIPMENT)、カリマー(KARRIMOR)、ピレネックス(PYRENEX)、ミレー(MILLET)、エーグル(AIGLE)、K-ウェイ(K-WAY)、ピーク パフォーマンス(PEAK PERFORMANCE)、ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)、ヘルノ(HERNO) 、コロンビア(COLUMBIA)、L.L.ビーン(L.L.BEAN)、ウェスタン マウンテニアリング(WESTERN MOUNTAINEERING)、フェザードフレンズ(FEATHERED FRIENDS)、ワイルドシングス(WILD THINGS)、チャムス(CHUMS)、ティンバーランド(TIMBERLAND)、ケープハイツ(CAPE HEIGHTS)、マーモット(MARMOT)、ストーンアイランド(STONE ISLAND) 、ウールリッチ(WOOL RICH) 、スノーピーク(SNOW PEAK)、フェールラーベン(FIALLRAVEN)、ショッフェル(SCHOFFEL)、ジャックウルフスキン(JACK WOLFSKIN)、ポールワーズ(POLEWARDS)、ナンガ(NANGA)、モンベル(MONT-BELL)、ヨソオウ(YOSOOU)、デサント(DESCENTE)、アンドワンダー(AND WANDER)、フォックスファイヤー(FOX FIRE)、などなど

皆様の大切なダウンアイテムを年に数回洗う際は、是非フジドライをご利用ください。
品物を最高の状態にしてお返しします。