またちょっとつぶやかせてください。

日本はいま、コロナウイルスの第三波が来ていると言われています。
みなさんはその後コロナウイルス対策どうしてますか?

この勢いでコロナウイルス感染が増加すると医療体制の崩壊にもなりかねません。
コロナウイルス感染患者を増やさないためにも個人個人の防衛策が必要とされています。

再度、コロナウイルスについておさらいしてみましょう。
そもそもコロナウイルスが厄介と言われているのは、症状の発症が感染してから遅れて現れることにあります。

症状が出た時点で、ほかの人に感染している可能性があります。また、無症状でコロナウイルス陽性の方も
いらっしゃいます。

クラスター感染や、感染経路がわかりにくいのがコロナウイルスの特徴と言えるでしょう。

国が推奨している[三密]はすごく理にかなっている施策だと思います。
密閉・密集・密接・・・・
密閉は換気が必要だったり、長時間同じ空間に滞在しないようにするなど気遣いが必要となります。
密集は人が多く集まるのを避け、できる限り多人数との接触を少なくするようにします。
密接は人との距離を置き、ソーシャルディスタンスを保つことを試みるようにする。

しかし、自分が気を付けていても思いもよらず、三密のどれかに係ることがあります。
万が一ウイルスに接触してしまったら・・・・・など不安はつきません。

コロナウイルスの感染は飛沫感染が主と言われていますが、接触感染があるのも事実。
たしかにマスクの着用は感染拡大を縮小する大切なアイテムと言えます。

しかし、万が一ウイルスが付着した手でマスクに触り、マスクに付着したウイルスが感染源になる場合もあります。

フジドライで販売している【ピアレスガード】マスクは、ウイルスが付着しにくく、万が一マスクに付着したウイルスも40,000分の1に減少させるため、マスクからの感染はリスクはほぼないと言えます。

以前の独り言にも記載しましたが、マスクを外したのち、コロナウイルスのついた手で目や口を触るとコロナウイルスは体内に侵入してきます。
外出先でいろいろなものに手で触れる機会がある場合、
目や口に触るより先にアルコール消毒をすればウイルス感染はかなりの確率で防げると思います。

接触感染の場合、衣類やバックなどの持ち物にもコロナウイルスは付着します。

フジドライから販売されているV-911(M)はアルコール入り抗ウイルス剤入りの液体です。

アルコール(65%)入りなので付着した菌やウイルスを除去することが可能です。
さらに抗ウイルス効果の役目も持ち合わせているから、このV-911(M)は衣類に噴霧することで
24時間抗ウイルス効果が持続します。

外出時、着用の衣類にシュッとするだけで、抗ウイルス効果をプラスできる商品です。
接触感染になりにくいので安心です。
また、玄関先においておくことで帰宅後にも除菌・除ウイルスのためにシュッと吹き付けてください。

家庭内や職場、人の集まるお店や集会所、学校などにはクラスター感染を防ぐために抗ウイルス空間を
作ることが大切です。

フジドライで取り扱っているV-911(D)はディフューザーに使用できる抗ウイルス剤です。
V-911(D)を様々な空間で使用することで、抗ウイルス空間を作り、ウイルスを減少させます。

ご家庭で、職場で、いろいろ試してみて、安心できる環境作りをおすすめいたします。

                             フジドライ 営業部長
                                    高津戸

フジドライ公式オンラインショップ
★【ピアレスガード】マスクのご購入はこちらから
★【V-911(M)】抗ウイルススプレーのご購入はこちらから
★上記2つがセットで25%OFFになった【トラベルセット】はこちらから
★【V-911(D)】空間抗ウイルス液のご購入はこちらから
※5000円(税込)ご購入で送料無料!!